ルイボスティーを飲むと母乳が出やすくなるって本当?

ルイボスティーを飲むと母乳が出やすくなるって本当?

ルイボスティーを飲むと、母乳の出が良くなるという話をよく耳にします。実際に多くの妊婦さんや授乳中の方に人気のある飲み物なのですが、飲むことでいったい母乳にどのような影響(良い効果)があるのでしょうか。ルイボスティと母乳の関係性について具体的に調べてみました。

ルイボスティーを飲むと母乳の質を良くすることができる

結論から言えば、ルイボスティーが母乳の量を増やすというのはちょっと違うかなと思います。含まれている栄養素を考えれば、量を増やすというよりも母乳の質を高めるという効果に期待できる飲み物です。

母乳にはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。これらの栄養素のうち、ルイボスティにはカルシウム、マグネシウムなどの豊富なミネラルが含まれているので、母乳の質(ミネラル分)を高めることができるのです。

ママが摂り入れた栄養素(ミネラルなど)はそのまま母乳になるので、赤ちゃんもミネラルたっぷりの母乳を飲むことができるようになります。さらにルイボスティーはノンカフェインなので、赤ちゃんの体にカフェインが入らないのも安心です。

以上のように母乳そのものの量を増やすというわけではありませんが、母乳の質を高めることができる安心な飲み物なので、母乳育児を目指している妊婦さんや、授乳中のママさんによくお勧めされているのです。

母乳の量を増やしたい方は「たんぽぽコーヒー」がお勧め

母乳の出があまりよくないので母乳の量を増やしたいという方には、ルイボスティーではなく母乳の分泌を促すことができる飲み物をお勧めします。

例えば、母乳不足を解消してくれるハーブティーも販売されています。ただし、ハーブの中には妊娠中・授乳中に摂取してはいけないものもあるので、確実に安全なマタニティ専用のものを選ぶ必要があります。

個人的に一番オススメなのは「たんぽぽコーヒー」です。コーヒーという名前がついていますが、たんぽぽの根から作られる飲み物なのでノンカフェインです。味がコーヒーに似ていることから「たんぽぽコーヒー」と呼ばれています。

たんぽぽの根には「タラキサシン」という苦味成分を多く含んでいるのですが、このタラキサシンには母乳の分泌を促進してくれる働きがあることがわかっています。さらに鉄分やカリウムも摂取できるので、母乳の質も高めることができる飲み物です。

もう一つ嬉しい効果として、たんぽぽの根には乳腺詰まりも改善してくれる働きがあります。コレステロールや脂肪を減らして母乳をサラサラにしてくれるので、母乳の出が悪い方に理想的な飲み物なのです。

お勧めの「たんぽぽコーヒ」は以下のサイトでも紹介されています。私は妊娠中と授乳期間にティーライフさんの「ぽぽたん」というたんぽぽコーヒーを愛飲していました。

母乳育児を目指している方や授乳中の方には、母乳の質を高めてくれるルイボスティーは非常に理想的な飲み物です。ただ母乳の量が少なかったり、出が悪いと感じる方には「たんぽぽコーヒー」をオススメします。どちらもノンカフェインなので安心して飲んでいただけると思います。

    ルイボスティーと母乳の関係のまとめ

  • ルイボスティーを飲むことで、母乳の質(ミネラル分)を高めることができる
  • 摂取したミネラルがそのまま母乳になるので、赤ちゃんに良質の栄養が届く
  • 母乳の量を増やしたいのであれば、たんぽぽコーヒーが一番オススメ
  • たんぽぽコーヒーには、乳腺詰まりを改善してくれる働きも期待できる
  • ルイボスティー・たんぽぽコーヒーはどちらもノンカフェインで安全な飲み物
    ルイボスティーおすすめランキング

関連記事

ピックアップ記事

ルイボスティーの効果・効能と口コミをまとめました

ルイボスティーの効果・効能と口コミをまとめました

ルイボスティーには様々な効果・効能があることから、特に女性の方、妊婦さん、妊活中…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る